ディスプレイとは

現在では、薄型のディスプレイがメジャーですが、それ以前大きくて重いブラウン管の装置が使用されていました。 薄型ディスプレイは、どのように進化しているのでしょうか。

いま、液晶ディスプレイを製造している会社は様々あります。EIZOby ナナオは、日本を代表する液晶モニター製造会社として名が知られています。

ディスプレイは、我々の日常生活において、映像編集用から,医療現場まで液晶モニターを使用する現場まで様々利用されています。耐久性・画質・サポートまで充実した商品を提供してくれている会社です。

一般向けはFlexScan,業務向けはColorEdge、更に、娯楽向けのFORISに分類されています。

更に、ディスプレイで注目されている会社は、NECです。 NECは、もともと液晶ディスプレーを製造している会社であることもあり、現在、積極的販売に向きあっているということではありませんが、医療機関向けなど上位機種には定評がありました。

ディスプレイを提供しているおすすめの企業は、三菱電機です。三菱電機では、事務用・家庭用・編集用の商品ラインアップの提供をしてくれています。

おすすめしたいディスプレイのレンタルサービス⇒http://www.aza.co.jp/products/list3.html

三菱電機といえば、既に知らない人たちもいないため、比較的高額であるのに、三菱電機ブランドを求めている人たちは多くいました。液晶モニターメーカーとしてだけでなく、テレビ(REAL)も製造している会社です。しかし、時代の流れも早く、2013年12月に撤退を発表してしまっています。

更に、IYAMAという会社は、長野県のPC向け液晶モニターメーカーとして名が知られています。 コストパフォーマンス重視でディスプレイを求めているのなら、IIYAMAの商品がおすすめかもしれません。

石川県の老舗PC周辺機器メーカーのIO DATAでは、テレビ機能付き,タッチ機能付き、LAN給電モデルなどちょっと変わり種の様々なラインナップが揃っています。製品ラインナップは、LCDシリーズです。

それほどIO DATAという会社が知名度が高いということではありませんが、可もなく不可もない、平均値は維持し続けている会社です。

次に紹介するのは、Princetonという会社です。Princetonは、日本の製造・輸入商社.DRAMなどで有名なKingstonの代理店です。1万円前半程度の比較的安いディスプレイをここでは購入することが出来ます。

Green Houseは、それほど量販店で見かけることがない企業名かもしれませんが、渋谷の製造販売会社であり、価格が安いからモニターアームなどに人気があります。

LGは韓国二位の、液晶ディスプレイメーカーです。安価な割に綺麗なAH-IPSパネルを作ってくれています。そこそこの質感は期待出来るものの、色味などちょっと品質に劣る面はあります。

法人向けでおなじみのPCメーカーといえば、DELLですが、DELLでは、デルオンラインストア(直販)が充実していて、気軽にディスプレイを購入しようというモチベーションも多くの人たちに起こるのではないでしょうか。更に、HP、AcerASUS、など名が知られた企業が続きます。ここでは、ディスプレイの買いのコツなど更に追求します。